場所

ホテル

ラブホテルは以前は繁華街にも多かったですが、現在は風営法の改定などに伴い、徐々に営業できるエリアを狭めています。現在では人の少ない場所などに立地することが多く、郊外にラブホテル街が形成される事も少なくはありません。

一方、ラブホ街は昔遊郭があった場所に形成される場合があります。例えば、東京では鶯谷や湯島、大阪では下寺町などがそれに当たります。この周辺は寺が多いことでも知られ、寺町にラブホテルが形成されると言われる場合もあります。
最近では、高速道路のインターチェンジ沿線や県道沿いなどにホテル街が形成されることもあります。これは、長距離移動などをした場合にすぐに宿泊することができるためです。
その他にも現在では、繁華街から徒歩圏内で行くことができる郊外などにもラブホ街が形成される事もあります。しかし、地域によっては繁華街にラブホが建設されている事もあるため、全国的に人の少ないところにラブホ街が多いとは一概に言えなくなっています。

実はラブホテルは殆ど日本にしかない文化です。海外にもわずかにカップル専用のホテルは存在していますが、そのほとんどは韓国と台湾に集中しています。しかし、韓国の場合は安宿がかなり少ない特徴があるため、一般の利用者も安宿代わりにラブホテルを利用することがあります。

韓国のラブホは日本のものとよく似ていますが、中にはモーテルとよばれる韓国独自のラブホもあります。韓国モーテルは日本の温泉マークを掲げている特徴があります。韓国の場合は日本と違い一般の家族連れなどもラブホを利用しますが、一般のホテルとちがいラブホでは必ずアダルト放送を見る事ができるという特徴があります。
台湾のラブホは汽車旅館と呼ばれています。しかし、汽車旅館は事実上日本のラブホのように利用されているだけで、一般の利用者が韓国同様多いという特徴があります。

韓国や台湾にも日本のラブホのような施設はありますが、日本のようにカップルが専用で利用するという感覚は薄いです。そのため、純粋なラブホテルが多数存在するのは世界で日本だけと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加